HOME > 「ほまぢ」のゆずれない5つのこだわり

「ほまぢ」のゆずれない5つのこだわり

1.素材へのこだわり

おいかわでは、獲れた魚を自らの目で確認し、鮮度はそのままに自社で下処理を行い自社倉庫で保管します。魚の形態に合わせて開き干し用、丸干し用、漬け用などに厳選し加工できるのも、年間を通して買付を行いその魚の一番美味しい旬のものを大量に確保できるからです。

2.水へのこだわり

おいかわでは、北上山地の霊峰五葉山から千年を超える永い時を経て流れ出る伏流水を加工用水として使用しています。ミネラルたっぷりの天然水は、魚の臭みを除き魚本来の旨味を引き出しその魚だけが持つ香りを生み出します。

3.干しへのこだわり

おいかわの干場は、徹底した衛生管理のもとで、燦々と降り注ぐ三陸の太陽とクリーンフィルターを通して新鮮な外気を取り込みながら、温度と湿度が自由に管理できる屋内の乾燥室で手間を惜しまず丁寧に仕上げます。

4.下味へのこだわり

おいかわの熟練した職人が、試行錯誤を重ねて得た自然海塩を使い、獲れた魚の大きさ、脂のり、肉質を考慮しながら塩加減を決めています。旬の魚だけが持つ個性ある味や香りを堪能していただくために、一枚一枚丹精を込めて加工をおこないます。

5.安心・安全へのこだわり

おいかわでは、皆さまに安心して商品を味わっていただくために、放射能物質について厳しい自主基準値を定め、独自に放射性物質の検査装置を導入し、その結果を継続的にホームページで公表しています。